外国為替証拠金取引比較

FX比較HOMEへ
トレードで稼ぐ
スワップで稼ぐ
レバレッジで稼ぐ
人気で比較
手数料で比較
レバレッジで比較
取扱通貨で比較
情報系に強いFX業者を比較
おすすめのFX業者を比較

































FX業者を徹底比較
 
 

税制面での優遇

[ 税金がお得 ]
くりっく365以外の一般的な、外国為替証拠金取引ではそこで得た利益は、雑所得として総合課税の対象になり
サラリーマンの場合だと給料に合算されて税率が変更されてしまいます。

[一般の外国為替証拠金取引の税率(他の所得との合算)]
課税される所得金額
税率(所得税+地方税)
控除額
195万円以下
15%
0円
195万円超~330万円以下
20%
97,500円
330万円超~695万円以下
30%
427,500円
695万円超~900万円以下
33%
636,000円
900万円超~1,800万円以下
43%
1,536,000円
1,800万円超
50%
2,796,000円

[くりっく365の税率]
課税される所得金額
税率(所得税+地方税)
195万円以下
一律20%
195万円超~330万円以下
330万円超~695万円以下
695万円超~900万円以下
900万円超~1,800万円以下
1,800万円超

つまり、税率のステージが上がり、税金の負担が大きくなってしまうこともあります。
しかしながら、くりっく365であれば、そこで得られた利益は、分離課税方式の対象となる為、そこで上げた利益は
金額に関わらず、20%(所得税15%+地方税5%)と一定になっています。

[ 他の取引所との通算申告が可能 ]
また、くりっく365では、他の取引所で行われる日経平均先物取引、金先物取引、オプション取引など(受渡し決済を除く)
で発生した損益と通算し、申告することが可能です
※くりっく365以外の外国為替証拠金取引では、他の取引と損益を通産することができない為、他の取引所での取引での負けが、
外国為替証拠金取引の利益を上回ってマイナスになっている場合も、外国為替証拠金取引分の利益として 税金が発生します。


[ 損失の繰越が可能 ]
くりっく365で生じた損失の金額のうち、その年に控除しきれない金額については、確定申告により、翌年以後3年間にわたり、
申告分離課税となる先物取引に係る雑所得等の金額から繰越控除できます。
つまり今年50万負けた場合、来年は50万円まで勝っても非課税ということです。
※非取引所取引の場合は、前年に負けがあってもその年の利益には課税がされます。

高い安全性

[ 低い信用リスク ]
金融先物取引法と金融取の規則に基づく基準に適合した業者のみ、くりっく365の取引参加者として取扱ができます。
金融取の規則では、金融先物取引法よりも厳しい基準を設定しており、くりっく365取扱業者は、金融先物取引法で求められている財務
体力(非取引所取引の業者に求められている財務体力)より、高い財務体力を有している可能性が高いと言えます。
また、くりっく365では、取引の相手方は取扱業者となりますが、取扱業者の取引の相手方は金融取であり、間接的に取引所は全ての取引
の相手方となります。
そのため、くりっく365に参加している取扱業者が万一破綻しても、取引(建玉)は他の取扱業者へ移管または決済が可能です。
取引の相手方としての取扱業者の信用(破綻)リスクを考慮する必要はありません。

[ 証拠金の保護 ]
証拠金の管理については、金融先物取引法及び取引所規則により、取引所は、投資家から預かった取引証拠金を、くりっく365取扱業者を
通じて、預託を受けなければならないこととなっており、取引所に預託された投資家の皆様の取引証拠金は、取引所の財産と分別して管理
されています。
なお、金融取の規則では、取扱業者は、金融取が1日複数回定める締め時刻までに、投資家の皆様から預かった取引証拠金を速やかに
金融取に全額預託することが義務付けられています
(ただし、週末等については、次の銀行営業日まで取扱業者が保管するケースが発生します。)。
また、業者が破綻したときの手続きについては、取引所規則に従うことが金融先物取引法で定められており、これを受けて建玉及び取引証拠金を他の業者に移管するなどの手続きを規則で定めております。
これにより、くりっく365取扱業者が破綻するようなことがあった場合でも、最終的に投資家の資産の保全が図られる仕組みとなっています。 投資家の皆様が証拠金の引き出しを依頼した場合、金融取は翌銀行営業日に取扱業者に対し、値洗いによって確定した引出可能額を返還します。取扱業者は、取引所から受け取った証拠金を遅滞なく投資家の皆様に返還することが義務付けられています。

有利な取引

[ 透明な価格での取引 ]
くりっく365は、マーケットメイク方式を採っています。
マーケットメイカーには、インターバンクマーケットにおける有力なプレイヤーである3社(ゴールドマン・サックス証券株式会社、UBS銀行、
ドイツ銀行)が参加し、潤沢な流動性を供給しています。
くりっく365の特徴は、投資家がマーケットメイカーの提示する価格のうち最も有利な価格で取引ができるところにあります。
具体的には、
(1)マーケットメイカー3社は、それぞれ独自に各社が適正と判断するレートを金融取に提示するため、三者三様にレートが提示されます。
(2)金融取では、これらのレートのうち、投資家にとって最も有利となる価格を合成し、くりっく365市場に提示します。
(3)マーケットメイカー3社のうち、買値売値ともに一番条件のいいほうが採用される為、買値は一番条件のいいA者の数字を採用、
売値は一番条件にいいC社の数字を採用といった風になり、売り買いともに最も有利な価格(狭いスプレッド)での取引が可能となります。

[ スワップポイントの差が0 ]
くりっく365では、売り・買いの区別なく1つのスワップポイントを金融取が決定し、売りと買いのスワップポイントに差はありません。
一方、非取引所取引(店頭取引)のスワップポイントは業者が独自に設定するのが一般的です。
そのため、非取引所取引(店頭取引)の場合は、取り扱い業者の利益やリスク回避の理由から、スワップポイント受取額が少なく、
支払額が多くなっている事が一般的となっています。

 

[ 取扱通貨が少ない ]
開始してからあまり、年数がたっていないという事と、リスクの流動性の低い通貨は取り扱わないので、現在の取扱は
米ドル/円
ユーロ/円
英ポンド/円
豪ドル/円
スイスフラン/円
カナダドル/円
NZドル/円
の主要通貨のみとなっています。

[ レバレッジが低め ]
1万通貨に対しての証拠金の金額が、一律決められているため、それ以上のレバレッジの取引はできません。
通貨
取引単位
証拠金額
米ドル/円
1万米ドル
45,000円
ユーロ/円
1万ユーロ
55,000円
英ポンド/円
1万英ポンド
90,000円
豪ドル/円
1万豪ドル
45,000円
スイスフラン/円
1万スイスフラン
35,000円
カナダドル/円
1万カナダドル
45,000円
NZドル/円
1万NZドル
45,000円

[ 手数料無料の業者がない ]
取引所で取引をする為に、取扱業者は手数料を支払う必要があるので、手数料無料の業者は現在ありません。
しかしながら、取引の実質のコストである、スプレッドが狭いのでトータルのコストは高くはありません。

[ 専用ソフトで自由度が低い ]
各社、共通のくりっく365専用ソフトを提供している為、きまった形以外の自由度が低く少々昨日が物足りない印象があります。
ユニマット山丸証券や三貴商事など、独自のシステムを開発して、その問題を解決している会社もでてきていますので
今後はもっと自由度や利便度は高くなると思われます。